ウーバー社のカーリース事業廃止からの教訓

シェアリングエコノミーが注目を集めている最中、ウーバー社がカーリース事業の廃止を検討していることが話題を呼んでいます。ウーバー社はリース事業用に4万台の車を所有していましたが、車1台あたり9000ドルという驚きの損失率を記録しており、ウーバー社の経営を大きく圧迫していました。今回の事業廃止の検討は当然と言わざるを得ないでしょう。そもそもシェアリングエコノミーは大企業が貸し出すものを利用するというものではなく、誰かが持っている物を必要だと思う人が借りるというものであり、経済規模としてはとても小さいものです。個人で運営するならまだしも、大きな企業が運営するものではないのです。ウーバー社はそのあたりを大きく誤解してしまったのです。日本でもカーリース事業はありますが、その多くが自動車メーカーの関連会社が行っており、他業種の企業がリース事業を営んでいるわけではありません。結局のところ、シェアリングエコノミーに企業は向かず、もし事業を展開するにしても関連業界の大手を巻き込まないと難しいのが現実です。今回のウーバー社のニュースはそんな教訓を与えてくれるのではないでしょうか?

配車補助最大手ウーバーテクノロジーズが甚大事に

アメリカ配車援助最大手ウーバーテクノロジーズは、サウジアラビアの政府関連ファンド「一般相場ファンド(PIF)から多額の貸与を受け、市価合計は660億ドルにも上っている。これは、クルマ創出数量雰囲気大3位のGMの470億ドルを上回り、ウーバーはGMを買収できるほどのボリュームになったということです。そして近先、自動運転車が普及すると、表通りを滑る車の大半が配車援助で働く自動運転車に上るだろうことが予期できるといいます。配車援助先は利用するクルマを自由にできるので、実質的に車世間を支配するほどの側になりかねないといいます。ウーバーに多額の資本が集まるのは、世界の顧客がこういった先を予想しているからだという感想もあるようです。一方で自動運転の方法は、方々各地で認証実験が進められ、アクティベーションまであと一歩という地点まできている印象があります。源操作を企てるタイミング、こういった雰囲気景気の動きに注意することが必要不可欠だと思いました。