年越しそばが年越し焼きそばになってしまいました

大晦日に食べる年越しそばは、細く長く生きるという意味で食べると聞いていましたが、うどんのように太く長く生きたっていいじゃないと思い、今年の年越しそばはうどんにしようと思っていたら、テレビで年越しそばのことをやっていて、四国方面ではそばではなく、うどんを食べる習慣があるというのをやっていました。
それを見てすでに年越しうどんとして定着しているのか、と驚きましたが、テレビでは岐阜県の一部地域では年越しラーメンを食べる習慣があるというのです。
これにも驚き、最近ラーメンを全く食べていなかったので年越しラーメンにしようかな、と思い立ちました。
その後家族でスーパーに買い物に行き、麺類のコーナーに立ち寄ったときに年越しラーメンのことを思い出し、いろいろなラーメンがあるので夫に年越しラーメンのことを話し、どのラーメンがいいか聞いたら、夫は年越し焼きそばがいい、と予想の遥か斜め上の回答をしたのでまた驚きました。
結局夫が選んだ横手焼きそばにしましたが、麺ならなんでもいいのか、なら今度は年越しパスタにでもしようかと思いました。

何よりコスパが良いんですよね、従来品より

 思うところあって、生理用品を変えてみました。
 今までナプキン派だったのを、タンポンに変えてみたんですけど。
 やっぱり、こっちの方が全然楽ですね。
 これまでタンポンは人生で3〜4回ぐらいしか使った事が無いんですが。
 いずれも、海や温泉に行きたかったからなんですけど。
 普段使いしてみたのも含めた、ナプキンには無いメリットはやっぱり「漏れる心配が無い」の一語に尽きますね。
 寝てるときはもちろん、移動中やくしゃみをするなどのちょっとした衝撃で漏れる心配がゼロですから。
 ええ、ゼロなんです。
 ナプキンよりも少ない、ではなく、ゼロなんです。
 使用持続時間もナプキンより長い気がしますしね。
 私が買ったもので、目安としては4〜8時間とあり、多分これが普通だと思うので、大体6〜7時間ぐらいのタイミングでトイレに行ったらついでに取り替える、という感じで。
 ナプキンだと、人によると思いますが、トイレのたびに取り替えないと気持ち悪いですから……。

学校の宿題で調べた自分の名前の由来を聞いて

小学生の頃に自分の名前の由来を両親に聞いて発表するという宿題がありました。
このテーマは色んな学校で出されるそうです。
私もその時までは名前の由来は気にしたことなかったので、興味が湧いてきてたくさんお母さんに質問したのを覚えてます。
私の場合は、由来というよりは漢字の画数で決めてくれたそうで、とてもいい画数だったそうです。
試しに姓名判断で調べてみたら確かにいい運勢でした。
それが本当に当たるかはわかりませんが、そういうところも調べてくれていることが嬉しかったです。
改めて自分の名前の由来がわかるとなんとも思ってなかった名前がとても好きになったしもともと気に入っていたけどさらに気に入りました。
私も出産した時はやっぱり旦那さんと名前にとても悩みました。
名前は最初のプレゼントなので、たくさん悩んでみんなにいいねと思ってもらえる名前をつけたいなと思いました。結果的に息子にはとてもいい名前が付けられたなと思います。