40年経っても原子力はうまく使いこなせていない感じがします

関西電力の大飯原子力発電所1、2号機が廃炉される事となりました。福島第1原発を除き出力が100万キロワット超えの大型原発の廃炉は日本で初めてという事で原発のターニングポイントとなるかもしれませんね。

今回廃炉が決まった理由としては安全対策の難しさがあるようですが、1番の理由としては60年まで運転延長をしても採算が取れないという事でしょう。現在は運転開始40年ですからもう十分かなと思いますけどね。

しかし運転延長をするのも安全対策などに費用が掛かりますが、廃炉をするにしても巨額の費用が掛かってしまうのが原発というもの。

関西電力が見積もった1、2号機の廃炉費用は1160億円にも上るそうです。とんでもない金額ですね…

廃炉にも時間が掛かりますし、使用済み核燃料をどうするかというのも現在は埋めるしかない状況ですよね。本当に原子力発電って人間が扱える代物なんでしょうか?

この先いい処分方法が見つかるかもしれませんが、やはり核を安全に平和利用するのは現在では難しいですね。

悪魔の契約みたいですよね。そのメリットとデメリットの極端さが。アコム バレずに