ブラジルの尖端会話、セルタネージョを聞いてみた

今日も面白くウェブを見ています。
当日、はからずも目についたのがブラジルのnew文明だ。
ブラジルは、いまやリオオリンピックでワールドから注目を集めています。
ですが現地のnew文明って、日本では決して知られていませんよね。
せめて、テレビ等でフィーチャーされたりはしていない気がします。
そこで、たまたまネットで見たら相当イケイケだ。
異性は、皆目ハマりそうな感じです。

ブラジルの先文明といえば、ひとまず考えつくのがセルタネージョだ。
セルタネージョはブラジルのポップス音響の一大クラスだ。
1920階級に本元、以来の伝統的なクラスだ。
セルタネージョには明らかなプロパティがあります。
元々の音程・音階・ビート位が、ラテンなブラジル音響そのものです。
今、流行中のヒット曲も同様です。
必ずや調節は当世流行のジム関係や舞踊Music印象ですが、元々の曲調はブラジル音響そのものです。
また歌詞のお喋りにもプロパティがあり、イケイケの遊び人のダディくさいだ。

日本では歓迎が分かれそうですが、異性はハマりそうな感じです。
視線の人物は、聞いてみても良しかもしれません。

大好きなドラマをみてほっこりしています!

撮りためていたDVDの中に、大好きなドラマがあります。このドラマはみていてお腹すいてくる危険なドラマ。でもゆったりと見ていられる安心できるドラマ。渋い歌声の曲が流れて始まるこのドラマの主人公は、小林薫さん。そう「深夜食堂」です。このドラマは、たまたま飲んでいる時に、隣に座った知らない人が、面白いと絶賛していて、なんとなく興味を持ってしまいみたドラマでした。町の裏道にある小さな飲食店。このシュチュエーションって、結構身近な背景。それに加えて常連たちのやり取りが、なんとなく楽しくて、そのお店の中で起こる人間関係のドラマが、とても惹きつけられます。さらにお料理の美味しそうなこと。真似したくなる食べ方、ずっと食べていなかったけど食べたいなあって思えるオカズ。タコさんウィンナーとかそうでした。このドラマを見ていると、馴染みの店に行きたくなります。こういう身近な雰囲気のドラマ、とても素敵でみやすくていいですね!キレイモ 料金

遅い誕生日プレゼント、早いクリスマスプレゼント!?

主人から君へプレゼントがあるから、予約しといたよ〜と言われた。
私が欲しがっていたメイクセットらしい。
近くの百貨店には店舗が入っていないので、
出張のついでにわざわざ店舗まで行って頼んできてくれたらしい。
普段、イベント事や贈り物に全く興味がないのに珍しいこともあるもんだ!とびっくりした。
本当に何年振りかな?と思うくらい、久しぶりのこと。
最後に貰ったプレゼントは、すでに思い出せない。
でも、誕生日にしては遅すぎるし、クリスマスにしては早すぎる。
あくまで予約しただけなので、配送の受け取りは私がするらしい。
お金を用意するのも、もしかしたら私!?
それは、やめてほしいけどなぁ〜。
全くサプライズにならないところが、本当に笑えると思う。
イベント事を全くしない家になりつつあるので、まずいと思ったのかな?
私も便乗してイベントは何もしなくなっていたので、いい機会かなとは思う。
クリスマスプレゼント、今から探さなくてはいけなくなってしまったのが少し残念。
そして、誕生日も何か用意しなくちゃいけないかな・・・。すっぽん小町 楽天